赤ちゃんの冬の服装はあせもに注意!

赤ちゃんの服装は今、いろいろな種類が販売されています。

かなりおしゃれなものなんかも販売されていたりなんかして、赤ちゃんにぜひ着せてあげたいという気持ちもあります。
 
 
赤ちゃんの服装というのは、適当に選んでいいというわけではありません。

特に冬の服装、今どんなものを使っていますか?
 
 
 

赤ちゃんは結構暑がり!

私たち目線からいうと、冬というのは着こんで暑さを防ぐというのが当たり前です。

ですが、赤ちゃんはちょっと違います。
 
 
赤ちゃんって結構暑がりなんですよ。
そのため、赤ちゃんが寒いだろうといろいろ着させてしまうと逆に赤ちゃんにとっては暑すぎるんです。

その結果赤ちゃんは汗をどんどんだすようになってしまいます。

そしてあせもができてしまうわけなんです。
 
 

冬の服装は-1枚

赤ちゃんの冬の服装は、大人が来ている服装-1枚を目安にするとわかりやすいかと思います。

ちなみに靴下も履かせる必要ありませんので、素足のままで大丈夫です。
(外に行く時は履かしてあげたほうがいいいでしょう。)
 
 

体調はお腹でチェック!

どの子でも-1枚でOKというわけでもありませんし、あなたの服装もいろいろでしょう。

しっかりとチェックするのならば、赤ちゃんのお腹を触って温度を確かめてください。
 
 
手足の末端が寒そうだからといって、必ずしも赤ちゃんが寒がっているわけではないということは覚えておいてください。

お腹を触ってみて温かいようならそのままでOK。
冷たい場合はさすがに冷やしすぎということなので、部屋の温度を調節するか服を着させてあげましょう。
 
 
 

あせもができてしまったら?

あせもができてしまうと赤ちゃんにとってはとってもかゆい状態になります。

なのでできるだけ早くケアしてあげたいところ。

>>あせもを対策する3つの方法
あせも自体のケア方法についてはこちらで紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。
 
 

あせもの予防をしたい!

冬の服装をしっかりと用意するのも大切ですが、あせもの予防をするのも大切です。

赤ちゃんは汗っかきですから、どうしてもあせもができやすいです。
さらに、あせも以外にもいろいろと肌荒れが・・・。
 
 
肌荒れでつらい状態の赤ちゃんを見るのは親としてもつらいところ。

そうなる前にしっかりとお肌のケアはしておきたいところですね。

とりあえず、まずは保湿剤を使って肌を乾燥させないようにしてください。
>>赤ちゃんにおすすめの保湿剤を見る
 
 
肌荒れはひどくなると、強い薬も使わないといけなくなりますから、冬の服装も含めきちんとケアしておきましょう。

Pocket

Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.